アイコン: 薬局
自薬局専用アプリ
として訴求
詳しく見る
アイコン: kakariロゴ
薬局の対人業務を
一段と高度に
詳しく見る
アイコン: 処方せん
既存患者起点で
新規処方せん獲得
詳しく見る

HOME画面

自薬局専用の画面が、
患者様のスマホの中に

kakariには薬局検索機能がありません。
5桁の薬局専用コードを入力すると、画面いっぱいに自薬局のロゴと薬局情報が表示されます。

つまりkakariは、自薬局専用のアプリとして勧められる設計になっているのです。

kakariを通して自薬局の患者様を、囲い込むことが出来るようになります。

デモ動画を再生
画像: アプリのHOME画面

チャットお薬相談

薬局と患者さまを繋ぐ、
かかりつけ薬局の必須機能

高齢者をはじめ誰でもが使い慣れたチャットUIで、kakariは患者さんと薬局を繋ぎます。

お薬の相談だけでなく、調剤を始める前の簡単な確認事項もチャットで完結できとても便利です。

チャットでの相談対応時間は薬局側で指定できるので、業務の負担にもなりません。

デモ動画を再生
画像: アプリのチャット画面

服薬フォロー支援

服薬期間中のフォローを、
予約送信で負担少なく実現

新規処方があった患者さん、重い副作用がでる可能性のある薬の患者さん。服薬期間中のフォローは適切な服薬支援に重要です。

kakariならあらかじめ設定したタイミングで、自動でフォローメッセージを送ることが出来ます。

1回設定をすれば、後は自動でフォローが行われるので、フォローの負担は少なくしながら、患者さん個別に必要な服薬支援に取り組めます。

デモ動画を再生
画像: アプリの服薬フォロー支援画面

お知らせ一斉送信

一斉お知らせ送信で、
薬局起点の発信を支援

薬局からの情報発信を、もっと気軽に。

健康相談会、子供薬剤師体験会。地域に根差したかかりつけ薬局になる上で、大切なイベントですが告知は大変です。

kakariなら、自薬局を「かかりつけ薬局」に登録してくださった患者さんに、一斉に薬局発のメッセージを送ることが出来ます。

デモ動画を再生
画像: アプリのお知らせ一斉送信画面

処方せん送信

kakariの処方せん送信は
とにかく簡単。でも充実

kakariの処方せん送信は、極めて簡単な操作が特徴です。はじめから薬局が選ばれているので、数タップで処方せん送信が完了します。

それでも調剤に必要な、お薬手帳持参有無/GEへの変更希望/子供の体重、といった事項は全て網羅。

シンプルながらこだわり抜かれた処方せん送信機能です。

デモ動画を再生
画像: アプリの処方せん送信画面

事前ヒアリング

来局前に状況を把握し、
服薬指導の質を向上

kakariでは処方せん送信時に、患者さまから任意で副作用・体調変化・残薬状況などを事前に確認します。

来局前に患者さまの状態を把握できるので、より質の高い服薬指導と薬歴記載の効率化に繋がります。

デモ動画を再生
画像: アプリの事前ヒアリング画面

患者さんに「選ばれる」時代の薬局を支援します。

かかりつけをメインにするというkakariのコンセプトに共感し導入しています。

自局のアプリとして利用を勧められるため、利用者の反応もよく、結構な人数がkakariで処方箋を送ってくれるようになっています。

新患さんに紹介しても反応がよく、今月の集計では面での処方箋がさらに増えたように感じています。

また、PDFや写真をチャットで送信できるので、今後在宅時での報告書や確認などでも多職種との連携でも使えるのではと思っています。

kakari加盟薬局 経営者

kakariは、店舗毎の月額固定の利用料で手軽に利用できるサービスです。
まずは、お気軽に資料請求・お問合せください。